Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

別人の納税通知書が付着し、誤って郵送される - 静岡市

静岡市において、納税通知書が誤配達される事故が発生した。別人の納税通知書が付着し、配達されたのが原因だという。

12月17日に静岡南郵便局で、氏名や住所、税額、車両番号など記載された「軽自動車納税通知書兼領収書」の誤配達が発生したもの。

同市によれば、発送した書類にほかの名義人の書類が付着したまま誤って配達され、そのまま開封されたという。書類の受信者が駿河区税務課へ連絡し、問題が明らかになった。

同氏では返信用の封筒を送付し、誤配達された納税通知書を回収。個人情報が流出した関係者へ事情を説明し、謝罪した上で納税通知書を届けたという。また郵便局に対して再発防止を求めた。

(Security NEXT - 2008/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
事務処理ミスや誤配達でマイナンバーが漏洩 - 札幌市
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社
一部無関係の住所を誤記載したハガキを発送 - 味の素
ガソリンスタンドで顧客情報入りPCを紛失 - シナネン
配達員が排水溝へ捨て、一部招待チラシを回収できず - 東京ガス
日本郵政公社、金融機関の郵便物誤配達1件を公表
11月のマイナンバー郵送事故、全国で130件
マイナンバー通知書を書留扱いせずに配達
マイナンバー通知書の配送事故、11月に入り全国で38件