Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むUSBメモリを病棟内で紛失 - 千葉大付属病院

千葉大学医学部付属病院において、患者34人の個人情報が保存されたUSBメモリの紛失が発生した。

同院によれば、12月17日7時30分ごろ、看護師がナースステーション内のパソコンにメモリを接続したまま席を離れており、同日14時30分ごろに紛失していることに気がついたという。所在が不明になっているUSBメモリには、患者34人の氏名、ID番号、年齢、外来受診日、看護ケアの内容などが保存されていた。

同院では職員への聞き取り調査や周辺の捜索を行っており、対象となる患者に対しては説明と謝罪の書面を送付した。今回の紛失による診療への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2008/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大