Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報がネット上で閲覧可能な状態に - パナソニック健保組合

パナソニック健康保険組合のウェブサイト上において、個人情報が外部から閲覧できる状態だったことがわかった。

同健保組合が運営するウェブサイトの「お問い合わせ窓口」において、80人分の個人情報が、12月1日から18日までの間、アクセスできる状態にあったというもの。12月1日に窓口の設定を変更しているが、設定にミスがあったという。

同健保組合では、問題判明後、閲覧できないように修正した。また関係者に対し、説明と謝罪を行ったている。

(Security NEXT - 2008/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県