Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ会員に無関係の中国語メール、個人情報の流出も - 転職情報サイト

アイ・キューは、同社が運営する転職情報サイト「人材バンクネット」のメールマガジンサービスにおいて、会員に無関係の中国語による不審メールが届いたり、個人情報の流出事故が発生したことを明らかにした。

同社によれば、12月16日22時50分から17日9時50分にかけて、同サイトのメールマガジン読者に対し、サイトとは無関係の中国語で表記されたメールが届いたもので、読者からの問い合わせにより判明したという。

同社が原因を調べたところ、メールマガジンの送信には、本来パスワード認証が必要だが、メールマガジンのヘッダ情報に含まれるアドレスにメールを送信すると、読者へ認証なしで送信できる状態だったことが判明したという。

さらに、問い合わせを行った読者6人のメールが、ほかの一部読者に誤配信される問題が発生し、氏名やメールアドレスが流出した。

同社では、中国語の不審メールへ返信しないようアナウンスを実施。個人情報の流出について原因の詳細について調査しており、判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
服飾品に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大