Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ会員に無関係の中国語メール、個人情報の流出も - 転職情報サイト

アイ・キューは、同社が運営する転職情報サイト「人材バンクネット」のメールマガジンサービスにおいて、会員に無関係の中国語による不審メールが届いたり、個人情報の流出事故が発生したことを明らかにした。

同社によれば、12月16日22時50分から17日9時50分にかけて、同サイトのメールマガジン読者に対し、サイトとは無関係の中国語で表記されたメールが届いたもので、読者からの問い合わせにより判明したという。

同社が原因を調べたところ、メールマガジンの送信には、本来パスワード認証が必要だが、メールマガジンのヘッダ情報に含まれるアドレスにメールを送信すると、読者へ認証なしで送信できる状態だったことが判明したという。

さらに、問い合わせを行った読者6人のメールが、ほかの一部読者に誤配信される問題が発生し、氏名やメールアドレスが流出した。

同社では、中国語の不審メールへ返信しないようアナウンスを実施。個人情報の流出について原因の詳細について調査しており、判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電