Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想化環境をサポートしたメール暗号化製品の最新版 - キヤノンITソリューションズ

キヤノンITソリューションズは、ゲートウェイ型メール暗号化製品の最新版「Voltage SecureMail Gateway V3.5」を発売した。

同製品は、米Voltage Securityが開発したメールを暗号化するセキュリティソリューション。メールアドレスを公開鍵として使用する暗号方式「IBE」を採用しており、既存のメールシステムにサーバを追加するだけで利用することが可能。ゲートウェイ型のため、サーバを通過したメールはポリシーに従って自動的に暗号化できる。

今回リリースされた最新版では、VMware ESX環境での動作をサポート。ウィザード形式で必要なパラメーターを入力できるセットアップ・アシスタンス機能が追加された。またオプション機能として、大容量の添付ファイルをHTTPSで送信できる機能を用意した。

価格は100ユーザー94万5000円から。メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」のユーザーに対しては、同製品の価格が半額になるキャンペーンを2009年3月31日まで実施している。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応