Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想化環境をサポートしたメール暗号化製品の最新版 - キヤノンITソリューションズ

キヤノンITソリューションズは、ゲートウェイ型メール暗号化製品の最新版「Voltage SecureMail Gateway V3.5」を発売した。

同製品は、米Voltage Securityが開発したメールを暗号化するセキュリティソリューション。メールアドレスを公開鍵として使用する暗号方式「IBE」を採用しており、既存のメールシステムにサーバを追加するだけで利用することが可能。ゲートウェイ型のため、サーバを通過したメールはポリシーに従って自動的に暗号化できる。

今回リリースされた最新版では、VMware ESX環境での動作をサポート。ウィザード形式で必要なパラメーターを入力できるセットアップ・アシスタンス機能が追加された。またオプション機能として、大容量の添付ファイルをHTTPSで送信できる機能を用意した。

価格は100ユーザー94万5000円から。メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」のユーザーに対しては、同製品の価格が半額になるキャンペーンを2009年3月31日まで実施している。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開