Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想化環境をサポートしたメール暗号化製品の最新版 - キヤノンITソリューションズ

キヤノンITソリューションズは、ゲートウェイ型メール暗号化製品の最新版「Voltage SecureMail Gateway V3.5」を発売した。

同製品は、米Voltage Securityが開発したメールを暗号化するセキュリティソリューション。メールアドレスを公開鍵として使用する暗号方式「IBE」を採用しており、既存のメールシステムにサーバを追加するだけで利用することが可能。ゲートウェイ型のため、サーバを通過したメールはポリシーに従って自動的に暗号化できる。

今回リリースされた最新版では、VMware ESX環境での動作をサポート。ウィザード形式で必要なパラメーターを入力できるセットアップ・アシスタンス機能が追加された。またオプション機能として、大容量の添付ファイルをHTTPSで送信できる機能を用意した。

価格は100ユーザー94万5000円から。メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」のユーザーに対しては、同製品の価格が半額になるキャンペーンを2009年3月31日まで実施している。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業