Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XOOPSにディレクトリトラバーサルの脆弱性 - NTTデータ・セキュリティが検証

NTTデータ・セキュリティは、CMS機能を実現するウェブアプリケーション「XOOPS」において見つかったディレクトリトラバーサルの脆弱性に関する検証レポートを公表した。

問題の脆弱性は、ローカルファイルインクルード処理による不具合が原因で発生するもの。細工されたリクエストによるディレクトリトラバーサル攻撃が行われた場合、ウェブサーバで公開していないローカルファイルについても閲覧されるおそれがある。

PHPにおいて「register_globals」を有効にして「XOOPS 2.3.1」を利用している場合、脆弱性の影響を受ける。同社では、脆弱性の影響を受ける環境を用意して検証を実施した結果、ユーザー情報が保存されているファイル「/etc/passwd」を閲覧できることを確認した。

今回見つかった脆弱性は、最新バージョン「XOOPS 2.3.2b」へアップデートしたり、「register_globals」の機能を無効にすることで脆弱性を回避できる。

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化