Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XOOPSにディレクトリトラバーサルの脆弱性 - NTTデータ・セキュリティが検証

NTTデータ・セキュリティは、CMS機能を実現するウェブアプリケーション「XOOPS」において見つかったディレクトリトラバーサルの脆弱性に関する検証レポートを公表した。

問題の脆弱性は、ローカルファイルインクルード処理による不具合が原因で発生するもの。細工されたリクエストによるディレクトリトラバーサル攻撃が行われた場合、ウェブサーバで公開していないローカルファイルについても閲覧されるおそれがある。

PHPにおいて「register_globals」を有効にして「XOOPS 2.3.1」を利用している場合、脆弱性の影響を受ける。同社では、脆弱性の影響を受ける環境を用意して検証を実施した結果、ユーザー情報が保存されているファイル「/etc/passwd」を閲覧できることを確認した。

今回見つかった脆弱性は、最新バージョン「XOOPS 2.3.2b」へアップデートしたり、「register_globals」の機能を無効にすることで脆弱性を回避できる。

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース