Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想化環境、シンクライアントに対応したサーバログ監査ツールの最新版「ALogコンバータ」

網屋は、サーバアクセスログの監査ツール「ALogコンバータ Ver.3.2」を2009年1月5日より発売する。

同製品は、クライアントPCのサーバに対する操作ログを取得、保管し、検索や分析が行える監査ツールの最新版。今回のバージョンアップで仮想化環境に対応し、シンクライアントのログ収集が行えるようになった。またログ転送連携機能により、他社の主要統合ログ管理システムとの親和性が向上している。

さらにWindowsサーバ向け製品に「Advanced Edition」を用意。64bit版Windows Server 2008に対応し、管理者の操作ログやアプリケーションの起動ログについても取得できる。

価格は、サーバ5台に対応する「ALogコンバータ for Windows Ver3.2 Standard Edition」が102万9000円、「同Advanced Edition」が133万3500円から。

(Security NEXT - 2008/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援