Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化ソリューションの最新版「TotalFileGuard 2008」を発売 - シーピーアイ・リバティー・算法

シーピーアイ・リバティー・算法は、米Secward Technologiesが開発した暗号化ソリューション「TotalFileGuard」の最新版を発売した。

同製品は、OSのローレベルで256ビットAES方式による暗号化を実現するセキュリティソリューション。拡張子など変更する必要はなく、透過的に暗号化を行うことが可能で、ノートパソコンをはじめ、USBメモリや外付けハードディスクなど紛失や盗難、ウイルス感染による情報漏洩を防止する。

最新版となる「TotalFileGuard 2008」では、暗号化されたファイルの編集や閲覧を実現する一方、平文ファイルについては暗号化を行わない「外部パートナーエージェント」を追加。

またエージェントのポリシーをより細かく設定することが可能となり、専用ツールによりハードウェアIDを取得し、エージェントを作成時に復号化できる端末を特定できる機能や、復号化の申請時に管理センターへファイルを複製する機能を搭載。オフラインでも指定時間以内については復号化できるなど柔軟な運用が行えるようになった。

(Security NEXT - 2008/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり