Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テスト環境ごと用意するウェブサイト診断サービス - 神戸デジタル・ラボ

神戸デジタル・ラボは、ウェブサイトのテスト環境を構築する新サービスを開始した。

今回同社が開始した「診断用テスト環境の構築サービス」は、同社のウェブサイトセキュリティ診断サービス「ProactiveDefense」の利用を希望する顧客などへ、診断環境を用意するサービス。

すでにサービスが稼働しており既存環境に対して直接診断が行えないケースやテスト環境が用意できないユーザーの需要に応えるもので、顧客のウェブサーバやDBサーバ環境をもとに、診断用のテスト環境を構築する。

OSや開発言語、データベースなど複数の環境に対応することが可能。またテスト環境に利用したハードウェアを診断後に納品し、代替機として利用できる「ハード環境オプション」を用意した。価格は20万円から。構築環境やコンテンツ数により変化する。

(Security NEXT - 2008/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス