Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業の独自アプリをウイルスと誤検知する不具合 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、同社セキュリティ対策製品向けに提供したウイルス定義ファイル「5.649.00」に誤検知の不具合が発生したことを明らかにした。現在は問題が修正された定義ファイルが配布されている。

問題となる定義ファイル「5.649.00」は、11月12日16時ごろに公開されており、企業などが独自開発したアプリケーションを「TROJ_VBTROJ.AQ」と誤って検知し、感染の警告を行う場合があったという。警告に従って隔離したり削除した場合、ソフトウェアを使用できなくなる。

同社では11月13日に公開した「5.651.00」で不具合を解消。ファイルを隔離した場合の復元方法をアナウンスしている。

ウイルスパターンファイル 5.649.00における誤警告情報
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1170

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県