Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSOソリューションのラインナップを強化 - NTTソフトウェア

NTTソフトウェアは、SaaSやASPなど外部業務サービスと企業内部における認証を一元管理できる認証ソリューション「TrustBind/Federation Manager」のラインナップを強化し、10月1日より提供を開始する。

同製品は、SAML 2.0をサポートし、企業内のシステムや外部サービスとのシングルサインオンを実現する認証ソリューション。今回、標準的な機能に絞り、ライセンス価格を抑え、導入に必要とする期間が短い「Simple SP Edition」を用意。また携帯電話アプリケーションの認証が実現する「携帯ゲートウェイ機能」をラインナップに加えた。

さらに開発言語にPHPを追加。Javaに加え複数の開発環境に対応することで外部との相互認証へより柔軟に対応できるようになった。

(Security NEXT - 2008/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス