Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSOソリューションのラインナップを強化 - NTTソフトウェア

NTTソフトウェアは、SaaSやASPなど外部業務サービスと企業内部における認証を一元管理できる認証ソリューション「TrustBind/Federation Manager」のラインナップを強化し、10月1日より提供を開始する。

同製品は、SAML 2.0をサポートし、企業内のシステムや外部サービスとのシングルサインオンを実現する認証ソリューション。今回、標準的な機能に絞り、ライセンス価格を抑え、導入に必要とする期間が短い「Simple SP Edition」を用意。また携帯電話アプリケーションの認証が実現する「携帯ゲートウェイ機能」をラインナップに加えた。

さらに開発言語にPHPを追加。Javaに加え複数の開発環境に対応することで外部との相互認証へより柔軟に対応できるようになった。

(Security NEXT - 2008/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC