Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとNTTLSが「情報セキュリティ専門家養成講座」を共同開発

ラックとNTTラーニングシステムズは、情報セキュリティ人材の育成を目指した「情報セキュリティ専門家養成講座」を、10月14日より開講する。

同講座は、情報セキュリティに関する基礎知識を短期間で体系的に収得できるよう両社が共同で開発したもの。ラックが事例などノウハウを提供する一方、NTTラーニングシステムズがカリキュラムを作成した。

10月14日から12月18日にかけて全20回を開催する予定で、基礎的な知識だけでなく、「CISSP」や「CISA」「CompTIA Security+」といった情報セキュリティ資格に関するテーマについてもカバーしたという。

定員は40人。次回は2009年1月に開催する予定。

(Security NEXT - 2008/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
英Sophos、米Invinceaを買収 - 機械学習による脅威検知技術を取得
日本ユニシスら、社外PC向けの研修実施サービス
デジタルアーツ、「i-FILTER」にeラーニング機能を追加
TIS、三菱UFJ監修のマイナンバー関連eラーニングコンテンツを提供
KBI、標的型攻撃メール対策のeラーニングをリニューアル