Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

時事通信のメルマガで一部読者のメールアドレスが流出

時事通信社において、9月8日にメールマガジンの配信ミスが発生し、登録読者20人分のアドレスが流出していたことがわかった。

誤送信が発生したのは、同社の携帯サイト「時事通信ニュース」で提供されている「時事無料メルマガ」サービス。読者95人に対して、ほかの読者20人のメールアドレスが記載された状態で配信されたという。

原因はメール配信システムの設定ミスで、同社では事故判明後に設定を修正した。今後は配信設定の二重チェックを実施するなど再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
ベンチャー企業支援プログラムの委託先でメール誤送信、メアド流出 - 大阪市