Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ面が強化したID管理ソリューションの最新版 - 日本CA

日本CAは、統合ID、アクセス管理製品群「CA Identity and Access Management r12」を発表した。第1弾として、ID管理ソリューションの最新版「CA Identity Manager r12」を発売する。

同製品は、組織内のユーザーIDを役割や権限に応じて一元管理するもの。基幹システムからデータベース、ウェブアプリケーションまで、企業システムにおけるIDと権限情報の管理を自動化する。

最新版では、ユーザーの役割に応じたIDの登録、変更、抹消を可能にする「ユーザ・プロビジョニング機能」が強化されたほか、セキュリティ機能も強化。IPv6および暗号モジュールのセキュリティ要件に関する米国の規格「FIPS140-2」へ準拠した。そのほか、操作性やレポート機能も強化されている。

今後は、同製品に続いてOSアクセス管理ソリューション「CA Access Control r12」、およびウェブアクセス管理ソリューション「CA SiteMinder Web Access Manager r12」を、2009年の年初より順次発売する予定。

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合