Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ面が強化したID管理ソリューションの最新版 - 日本CA

日本CAは、統合ID、アクセス管理製品群「CA Identity and Access Management r12」を発表した。第1弾として、ID管理ソリューションの最新版「CA Identity Manager r12」を発売する。

同製品は、組織内のユーザーIDを役割や権限に応じて一元管理するもの。基幹システムからデータベース、ウェブアプリケーションまで、企業システムにおけるIDと権限情報の管理を自動化する。

最新版では、ユーザーの役割に応じたIDの登録、変更、抹消を可能にする「ユーザ・プロビジョニング機能」が強化されたほか、セキュリティ機能も強化。IPv6および暗号モジュールのセキュリティ要件に関する米国の規格「FIPS140-2」へ準拠した。そのほか、操作性やレポート機能も強化されている。

今後は、同製品に続いてOSアクセス管理ソリューション「CA Access Control r12」、およびウェブアクセス管理ソリューション「CA SiteMinder Web Access Manager r12」を、2009年の年初より順次発売する予定。

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI
A10、ADCの一元管理ソリューションをリリース
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
NEC、月額制のクラウド型IRMソリューションを6月より提供開始
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
横河レンタ、指紋認証を実装したPCのレンタルサービス