Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クライアントPC向け統合セキュリティソフトの最新版 - チェック・ポイント

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、クライアントPC向け統合セキュリティソフトの最新版「Check Point Endpoint Security R70」を発売した。

同製品は、クライアントPC向けのセキュリティソフトで、ウイルスやスパイウェアの対策機能をはじめ、ファイアウォール、ネットワークアクセス制御、プログラム制御、ディスク暗号化、メディア暗号化、リモートアクセスといった機能を搭載している。

今回発売された最新版では、ユーザーインターフェースを改良。単一のインターフェースからすべての機能を管理できるようになった。また、大規模導入を容易にする配布ユーティリティを追加している。価格は、すべての機能が利用できる「Total Security」が1万3600円から。

(Security NEXT - 2008/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス