Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性113件のうち47%は「深刻」 - ラックの四半期レポート

2008年第2四半期の脆弱性は、前四半期から減少したものの、約半数が深刻な脆弱性であったことがラックのまとめで判明した。

同社が、脆弱性の分析結果をまとめ、四半期ごとに公表している「SNSDB Advisory Report」で明らかにしたもの。今四半期の脆弱性は113件で、前回調査の147件から減少したが、5段階のリスクレベルにおいて、もっとも高い「High」と次に高い「Medium High」がそれぞれ13%、34%と合わせて全体の47%を占めたという。

プロダクト別にみると、Red Hatが52件で最多。Sunとミラクル・リナックスがそれぞれ27件、25件と続き、Microsoftは16件だった。

これら脆弱性において、47%が「任意のコードを実行される」脆弱性で、次いで「サービス不能(29%)」が多かった。また51%はリモートから攻撃を受けるもので、そのうち37%には攻撃ツールや攻撃コード、実証コードが公開されているという。

同社は報告書で、脆弱性を攻撃するウイルスが発生したり、攻撃ツールが出回るなど危険度が高い8件の脆弱性をピックアップして解説。また今四半期の脆弱性113件は、いずれも対策や回避策が公表されており、同社では「適切な対策を取ることでリスクを回避することが可能」として注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査