Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎シリーズに脆弱性見つかる - 更新モジュールは準備中

ジャストシステムは、同社の文書作成ソフト「一太郎シリーズ」に脆弱性が確認されたと発表した。同社では更新モジュールの開発を進めている。

同社によれば、書式情報の処理に脆弱性があり、不正に細工されたファイルを開いたり、ウェブサイトからプラグインのビューアを用いて閲覧した場合、任意のコードが実行され、パソコンを乗っ取られるおそれがあるという。

同社では、被害などの報告は受けていないという。また更新モジュールの開発を進めており、準備が整い次第、提供を開始する予定。また不審なメールやウェブサイトの一太郎ファイルへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

ジャストシステム
http://www.justsystems.com/jp/

(Security NEXT - 2008/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
「Movable Type」向け会員制サイト構築用プラグインなどにSQLiの脆弱性
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
IT資産管理製品「QND」にディレクトリトラバーサルの脆弱性