Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺で預金だまし取った男性が逮捕 - 被害は1300万円

警視庁は、フィッシング詐欺により預金をだまし取った松山市の無職男性を、不正アクセス禁止法違反や電子計算機使用詐欺の容疑で逮捕した。

同容疑者は、イーバンク銀行やゆうちょ銀行などインターネットバンキングを偽装したメールを送信。フィッシングサイトへアクセスさせ、IDやパスワードを詐取、預金を不正に操作していた。被害額は約1300万円に上ると見られており、警視庁では捜査を進めている。

IDの詐取などを目的としたフィッシングメールはたびたび出回っている。2月から3月にかけてイーバンク銀行やゆうちょ銀行を偽装するメールも確認されており、両行やフィッシング対策協議会では、被害に遭わないよう注意を呼びかけていた。

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導