Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教諭がUSBメモリをうっかり持ち帰り、個人情報を紛失 - 神奈川県立高校

神奈川県内の県立高校において、生徒26人分の成績情報などが保存されたUSBメモリの紛失事故が発生した。

同県教育委員会によれば、所在不明となっているメモリには、平塚商業高等学校の生徒26人分の試験成績、作成中の教材などが保存されていた。

7月18日に同校教諭が校内でメモリを使用した後、ズボンのポケットに入れたままうっかり帰宅してしまい、22日に出勤した際、保管場所にメモリがないことに気が付いたという。職員全員で探しているが、発見されていない。

紛失したUSBメモリには、セキュリティ対策は行われていなかった。同校では、対象となる生徒の家庭訪問を実施して説明と謝罪を行う。また同県教育委員会では、USBメモリの取り扱いについて、県内公立学校に管理徹底を指導する。

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府