Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前役員のメール送信ミスで関係者のメールアドレスが流出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、前役員がメールを関係者637人に送信した際、操作ミスによりメールアドレスが流出したと発表した。

7月7日、前役員が辞任の挨拶を関係者にメールで送信する際、送信先のアドレスを誤って宛先に入力したもので、637件のアドレスが確認できる状態となった。同機構では関係者に対し謝罪し、誤送信メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2008/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都
会員向けメールで送信ミス - 東京港埠頭