Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前役員のメール送信ミスで関係者のメールアドレスが流出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、前役員がメールを関係者637人に送信した際、操作ミスによりメールアドレスが流出したと発表した。

7月7日、前役員が辞任の挨拶を関係者にメールで送信する際、送信先のアドレスを誤って宛先に入力したもので、637件のアドレスが確認できる状態となった。同機構では関係者に対し謝罪し、誤送信メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2008/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市