Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAへのセキュリティ相談件数が過去最多 - 1200件超える

情報処理推進機構(IPA)は、6月におけるウイルスや不正アクセスの届け出状況を発表した。相談件数が1211件と受付開始から最多件数を記録した。「ワンクリック不正請求」に関する相談も過去最高となっている。

6月のウイルス検出数は約23万6000個で、5月の約20万個から18.2%の増加となった。同日中に発見された同種のウイルスを1件とカウントする届出件数は2002件で、5月の1737件から15.3%増加した。

検出数の1位は依然として「Netsky」で約20万5000個だったが、全体に占める割合は86.9%でわずかに減少した。2位にランクインした「Mywife」は約1万4000個で、先月の約6000個から大幅に増加した。全体に占める割合も倍増している。次いで「Mytob」約3900個、「Mydoom」約3200個と続く。

不正アクセスの届出件数は13件で、先月の4件から大幅に増加した。被害があった11件の内訳は、侵入6件、DoS攻撃3件、その他2件だった。また36件の相談が寄せられており、そのうち15件で被害が発生した。

不正アクセスでは、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用したSQLインジェクション攻撃によりデータベースが改ざんされたケースが依然として報告されているほか、他サイト攻撃の踏み台として利用されたケースが4件あった。また、ネットオークションにおけるなりすましで、偽ブランド品を勝手に出品されたという事例も報告された。

6月に同機構へ寄せられた相談総件数は1211件で、2005年に受付けを開始してから最多となった。中でも「ワンクリック不正請求」に関する相談は372件で過去最多記録を更新。5月には1件しかなかった「セキュリティソフトの押し売り行為」に関する相談も、14件と大幅に増加した。またWinnyに関する相談も4件あった。

(Security NEXT - 2008/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に