Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュアの「クリプト便」が最大100Mバイトのファイル送受信に対応

NRIセキュアテクノロジーズは、ファイル送受信サービス「クリプト便」エンタープライズプランに、大容量ファイル送信に対応する新メニュー「大容量ファイル送受信プラットフォーム」を追加した。

「クリプト便」は、インターネット経由でファイルの安全な送受信を実現するサービス。暗号化やウイルスチェック、誤送信防止、受信確認、送受信ログ管理などのセキュリティ機能を搭載している。ASP型サービスのためソフトのインストールなどが必要なく、ブラウザとネット接続のみで利用できる。

今回追加された新メニューでは、最大100Mバイトの大容量ファイルへ対応。「Active Directory」や「OpenLDAP」など社内認証システムとの連携が可能となり、社内で利用しているIDとパスワードでのログインすることができる。また専用サーバを利用するため、導入企業のURLやロゴを利用することが可能。

初期費用350万円、基本月額95万円から利用できる標準プランのほか、ウェブサーバ2重化プランや大規模・高可用性プランなどを用意している。

(Security NEXT - 2008/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション