Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訪問先で持ち出し禁止の名簿に誤ってメモ、置き忘れ - 福祉施設職員

社会福祉法人開く会が運営する横浜市上倉田地域ケアプラザの職員が、原則持ち出し禁止の利用者名簿を持ち出し、訪問先に置き忘れたことがわかった。名簿には、22人分の個人情報が記載されていたという。

6月20日に認定調査のため訪問したケアマネージャーが、耳が不自由な利用者と筆談する際、誤って名簿の裏面をメモ代わりに利用したもの。同職員がケアプラザへ帰社した際、なくなっていることに気が付き、再度訪問して名簿を回収した。

置き忘れた名簿には、氏名、住所、電話番号のほか、介護度や認定期間など記載されており、持ち出しは原則禁止されていたという。同法人では名簿に記載されていた関係者へ謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
小学校で修学旅行の職員用しおりを紛失 - 関市
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大
個人情報記載の調査関係書類を一時紛失 - 大阪府
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
トイレに置き忘れ、生徒の個人情報含む資料が所在不明に