Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む業務用スマホが所在不明に - 尼崎市

兵庫県尼崎市は、職員が個人情報含む業務用スマートフォンを紛失したことを公表した。

同市によれば、武庫地域課の職員がスマートフォンを紛失したもの。端末内部には住民に関する電話番号2件、LINEの連絡先約50件、講座およびイベントの写真、動画など複数件が保存されていた。端末にはロックを設定しており、内部の閲覧にはパスワードが必要だとしている。

12月8日に帰宅後、スマートフォンが見あたらないことに気がついた。職場に置き忘れたものと判断し、週明け12日に登庁して職場内を搜索したが見つからず、上長に報告した。

同日警察へ紛失届を提出。携帯電話会社に使用停止の手続きを行い、LINE事業者にはアカウント削除を要請した。端末内部に情報が登録されていた住民に対しては経緯を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害、中小企業が6割弱 - 暗号化しない脅迫も
「サイバーセキュリティ関係法令 Q&Aハンドブック」が改訂
「JBoss RichFaces」に対する脆弱性攻撃に注意喚起 - 米当局
企業の健診結果を別企業へメールで誤送信 - 日大病院
ワコールの海外子会社にサイバー攻撃 - 詳細を調査
スタッフの個人情報が流出した可能性、ハッシュ化PWも - NHK
「Cisco Catalyst SD-WAN Manager」に複数の脆弱性 - 「クリティカル」も
日米当局、中国が関与するサイバー攻撃について注意喚起
「Firefox 118」が公開に - 機能強化や脆弱性修正など実施
ブラウザ「Chrome」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対応