Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年金記録関連書類を移転前のファックスを番号に - 埼玉の社会保険事務所

埼玉社会保険事務局は、管轄内の2事務所において2007年に発生していたファックス送信ミスを明らかにした。ファックスを受信した個人から指摘を受け、判明したという。

同事務局によれば、2007年8月から10月にかけて、浦和社会保険事務所で3回、川越社会保険事務所で1回、計4回の誤送信が発生したもの。厚生年金期間の記録調査依頼を受け、愛知県昭和社会保険事務所へファックスで照会する際、誤って関係ない個人宅へ調査関連書類を送信していた。

愛知県昭和社会保険事務所は移転しており、ファックス番号も変更されたが、職員が以前の番号へ送信していたという。関連する事務所では、誤送信先および調査依頼者に対し事情説明と謝罪を行った。

今後は、ファックス送信時に最新の一覧表を利用するほか、複数で送信時に番号をチェックするなど再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2008/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
宿泊者のリストを別の宿にFAX送信 - トヨタツーリスト
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
不正アクセスで顧客情報が流出 - 印刷通販会社
福島高専の就職支援システムに不正アクセス - 求人票情報5000件流出か
不正アクセスで個人情報流出 - 対日貿易投資交流促進協会
78人分の予約確認書を顧客1人にメール誤送信 - プリンスホテル
委託先が競走馬オーナーなどの個人情報を紛失 - JAIRS
FAX誤送信が相次いで発生、患者の個人情報が流出 - 市立静岡病院