Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「緊急」5件含む8件の月例セキュリティパッチを公開予定

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。深刻度が「緊急」とされる5件を含む8件を4月9日より公開する予定。

緊急とされる脆弱性は、「Windows」や「Office」「Internet Explorer」の問題を解消するプログラム。いずれの脆弱性もリモートでコードが実行されるおそれがある。

また深刻度が「重要」とされる脆弱性は3件で、「Windows」や「Office」に関するもの。「Windows」向けのプログラムでは、「なりすまし」や「特権の昇格」といった脆弱性について対処する予定。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年4月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-apr.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
MSが新元号対応を説明、API連携などにも注意喚起 - 危険な実装例も
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
MS、IE向けに緊急定例外アップデート - ゼロデイ攻撃が発生