Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバのセキュリティ診断ツールがマルチOS対応 - 東芝ITサービス

東芝ITサービスは、サーバのセキュリティ診断ツール「セキュドック<センター>」の最新版を発売した。

同製品は、複数サーバにおけるパッチの適用状態やネットワーク設定など約200項目のセキュリティ対策状態を診断し、一元管理できるセキュリティソリューション。

最新版となる「同Version2.0」では、UNIXやLinuxへの対応し、マルチOS環境で利用可能となったほか、マネージャの管理能力を向上させ、最大で1000台のサーバへ1台のマネージャで管理できるなど可用性を確保した。

またレポート機能や診断スケジュール機能など強化しており、コンソールの操作性についても向上させた。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応