Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本狙う継続的なSQLインジェクション攻撃を観測 - ラック

ラックは、日本国内のウェブサーバを狙った攻撃を、同社監視センターで継続的に検知しているとして、注意喚起を行った。

同社が確認した攻撃は、ASP(Active Server Pages)ベースのウェブアプリに対し、SQLインジェクション攻撃を行うもので、他環境に対する攻撃は未確認だという。

ウェブサイトに脆弱性があり、ページが改ざんされた場合は、不正サイトへアクセスさせるSCRIPTタグが埋め込まれ、閲覧者がマルウェアに感染するおそれがある。問題のマルウェアは、オンラインゲームの情報を詐取するプログラムと見られている。

同社ではウェブ運営者に対して、改ざん被害や未解決の脆弱性に警戒するよう呼びかけている。また一般利用者に対しても、脆弱性の解消はもちろんのこと、普段利用するサイトが攻撃を受けた場合などを想定し、JavaScriptを無効にできるプラグインを活用するなど注意を促した。

(Security NEXT - 2008/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上