Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JREに再び脆弱性 - 電子政府「e-Gov」は最新版対応をアナウンス

サン・マイクロシステムズが提供しているJavaアプリケーションの実行環境「JRE」に脆弱性が見つかったとして、情報処理推進機構(IPA)では、注意を呼びかけている。

今回公表されたのは、JREのXSLT処理に関するもので、悪意あるJavaアプレットを利用したウェブページを閲覧した場合、任意のコードが実行されたり、情報漏洩、ブラウザの終了など被害を受ける可能性がある。

影響を受けるのは、「JRE 6 Update 4」「同5.0 Update 14」「同1.4.2_16」ほか、開発者向けパッケージ「JDK 6 Update 4」「JDK 5.0 Update 14」「SDK 1.4.2_16」などで、いずれも以前のバージョンも含まれる。

今回の脆弱性は、サン・マイクロシステムズが公開した最新版へアップデートすることで回避できるが、一部バージョンについては旧バージョンを削除する必要がある。またバージョンアップによりJavaアプリケーションの実行に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要だ。

同脆弱性は、2006年10月に富士通研究所の兒島尚氏よりIPAへ届け出があり、JPCERTコーディネーションセンターがサンと調整を進めてきたもので、解消まで1年5カ月かかった。

今回脆弱性が見つかった「JRE」は、政府や地方公共団体の電子申請などで幅広く利用されている。2007年には同ソフトに脆弱性が発見され、さらに旧バージョンの利用を推奨している政府機関があったことから、大きな問題となった。

今回の脆弱性について、電子政府の総合窓口となる「e-Gov電子申請システム」では、早々に最新版に対応していることを明らかにしており、最新版の利用を推奨している。

Java.com
http://java.com/ja/

サン・マイクロシステムズ
http://www.sun.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ