Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相談者の個人情報含む資料を一時紛失 - 都消費生活総合センター

東京都消費生活総合センターの職員が、個人情報が記載された相談カードを置き忘れ、一時紛失していたことがわかった。その後遺失物として届けられ、すべて回収している。

一時紛失したのは、消費生活相談カードや付属する資料など26件。2月22日夜に職員が帰宅途中に立ち寄った銀行のATMに置き忘れた。カードには相談者の氏名、住所、電話番号、年齢、性別など個人情報が記載されていた。また資料には、事業者からの通知書や相談処理経過メモなど含まれる。

同職員は23日夜、紛失に気が付き、24日から遺失物の問い合わせなどを行ったが発見されなかった。その後警察へ届けられ、26日にすべての書類を回収した。同センターでは、対象となる相談者に対して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用