Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外出張先で学生の個人情報が盗難被害 - 首都大学東京

首都大学東京は、都市教養学部の教員が海外出張先の空港において盗難に遭い、学生延べ145人分の個人情報が記録されたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったパソコンには、同教員が担当する講義を履修している学生延べ145人分の個人情報が記録されており、氏名、所属、学修番号、および2007年度後期試験の得点など含まれる。

同教員は2月15日から海外へ出張しており、出張先に到着した際現地空港においてパソコンが入っていた鞄を何者かに持ち去られた。同大学では、関連する学生に対し説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開