Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外出張先で学生の個人情報が盗難被害 - 首都大学東京

首都大学東京は、都市教養学部の教員が海外出張先の空港において盗難に遭い、学生延べ145人分の個人情報が記録されたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったパソコンには、同教員が担当する講義を履修している学生延べ145人分の個人情報が記録されており、氏名、所属、学修番号、および2007年度後期試験の得点など含まれる。

同教員は2月15日から海外へ出張しており、出張先に到着した際現地空港においてパソコンが入っていた鞄を何者かに持ち去られた。同大学では、関連する学生に対し説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響