Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、セキュリティパッチ11件を公開 - IEの公開済み脆弱性に対応

マイクロソフトは、2月のセキュリティ更新プログラムを公開した。当初の予告では12件を公開予定だったが、1件のプログラムに品質上の問題が発見されたことから、深刻度「緊急」6件と「重要」5件の11件が提供されている。

深刻度が緊急とされた脆弱性は、「Internet Explorer」や「Office」「Word」をはじめ、や「Office Publisher」「WebDAV Mini-Redirector」「OLE オートメーション」に関するもので、いずれも攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

さらに、サービス拒否を引き起こす「Active Directory」「Windows TCP/IP」の脆弱性をはじめ、特権の昇格やリモートでコードが実行されるなど、IIS関連の2件へ対応。またリモートでコードが実行される「Microsoft Worksファイル コンバータ」の脆弱性など深刻度「重要」とされる5件へ対応した。

今回公開されたプログラムのうち、10件は非公開で同社へ報告されたものだが、累積的な脆弱性を解消するIE向けのプログラムについては、非公開で同社へ報告された3件の脆弱性に加え、すでに公開されている1件の脆弱性へ対応している。

公開されているのは、ActiveX オブジェクトにおいてメモリの破損が発生する脆弱性。同社ではゼロデイ攻撃を確認していないという。問題の脆弱性では、不正に細工されたウェブページを表示した場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

2008年2月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル