Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が金融業者に生活保護者の名簿を漏洩 - 人吉市

熊本県人吉市の職員が、金融業者へ個人情報を不正に提供していたことがわかった。

同市福祉生活部福祉課の職員が金融業者に対して生活保護の被保護者の一覧を漏洩したもので、2月11日に問題が発覚。同職員は金融業者より借金をしており、同業者の求めに応じ、被保護者245世帯 286人分の名簿や人吉球磨剣道連盟会員189人分の名簿などを提供したという。

同市では、事件の発覚を受け、被保護世帯を訪問するなど調査を実施し、被害防止の対策を進めている。また人吉球磨剣道連盟に対して謝罪。同市では事実関係を調査した上で厳正な処分を検討するとしている。

(Security NEXT - 2008/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー