Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ復旧センター、PC監査サービスを開始 - ファイルアクセスや仕様機器を調査

データ復旧センターは、PC内のデータを調査し、ファイルへのアクセスやメール、使用機器などの利用履歴をレポートする「LoupeX/PC監査サービス」を提供する。

同サービスは、同社が販売するデジタルフォレンジック製品「X-Ways Forensics」を活用したパソコン監査サービス。ファイルへのアクセス履歴や削除されたファイル、メール、使用機器、インストールしたプログラムなどの利用状況をレポートする。

同社がPCを預かり、作業を行うため、専用サーバーやソフトウェアのインストールは不要。また、取得時と監査後にハッシュ値を取得し、改ざんがないことを保証する。レジストリのみを調査対象とする「レジストリコース」と、ハードディスク全体を対象とする「ディスクコース」の2コースを用意した。

(Security NEXT - 2008/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版