Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QuickTimeのアップデートが公開されるも一部脆弱性は未解決

アップルは、4件の脆弱性を解消した「QuickTime 7.4」を公開した。ただし、一部脆弱性は修正されておらず、引き続き注意が必要だ。

今回アップデートは、Sorenson 3ファイルやPICTイメージの処理など、Windows版、Mac版いずれも影響がある4件の脆弱性へ対応したもの。不正に改変されたファイルを開いた場合、任意のコードが実行される問題が解消されている。

今月に入り、QuickTime 4以降のReal Time Streaming Protocol(RTSP)におけるレスポンスメッセージの処理に、バッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることが、セキュリティベンダーなどから指摘されていたが、今回のアップデートでは、修正についてアナウンスされておらず、JPCERTコーディネーションセンターの検証でも、問題が解消されていないことが確認されたという。

同脆弱性では、不正なRTSPストリームを受信した場合、任意のコードが実行されたり、サービスが停止するなど攻撃を受けるおそれがある。脆弱性の検証コードも公開されており、引き続き注意が必要だ。

About the security content of QuickTime 7.4
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=307301-ja

関連記事:またQuickTimeに脆弱性が見つかる - 実証コードも確認
http://www.security-next.com/007427.html

(Security NEXT - 2008/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市
「Emotet」用いた標的型攻撃が増加 - 米政府が警鐘
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
PHPのアップデートが公開 - 複数脆弱性に対処
千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性