Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト経由の個人情報流出でNTT東日本に行政指導 - 総務省

総務省は、2007年9月にNTT東日本において、ファイル交換ソフトを経由した個人情報漏洩事件が相次いで発覚したことを受け、文書による行政処分を行った。

同社では、元従業員が2004年の退職時に個人情報を持ち出し、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部に流出させた事件を2007年9月20日に公表。

また別の従業員についても、2007年7月に個人情報を保存したパソコンを持ち帰り、私用パソコンにインストールされていた「Share」を通じて流出させていたことが判明し、直後となる同月25日に事件を発表した。

NTT東日本は、両事件の原因や再発防止策を取りまとめ、12月14日に総務省に対して報告書を提出。同報告書において、個人情報の持ち出しについて上長の許可による制限やパスワードの設定など対策を定め、ファイル交換ソフトの利用について自粛を指導していたものの、遵守されていなかった点を認めた。

総務省では、いずれの事件も、同社における安全管理対策が不十分であると指摘。遺憾の意を表明し、個人情報保護法や同法ガイドラインに違反するとして厳重注意とした。

(Security NEXT - 2007/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力