Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJニコスで取引履歴の開示漏れが発生 - 過払返還4万6712件に影響か

三菱UFJニコスは、顧客から取引履歴の開示請求を受けた際、一部で開示漏れが発生していたと発表した。

新たに取引履歴が判明したのは、NICOSブランドにおける1991年から1995年までに利用した場合や、UFJカードにおいて1993年などに利用し、2005年7月20日以降に開示した一部ケース。

同社では、開示請求を受けた場合、保有データを勘違いし、いずれも「取引データなし」として回答していた。今回の事故について、同社では保有データの範囲について誤認があったとし、法令などに対する認識についても十分じゃなかったと説明している。

今回の開示ミスにより、4万6712件において過払い利息の計算に影響を与える可能性があり、同社では必要に応じて取引履歴を開示する。また、すでに和解や調停により利息を返還している場合についてもさらに差額を返還するなど対応を行うとしている。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

(Security NEXT - 2007/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中