Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJニコスで取引履歴の開示漏れが発生 - 過払返還4万6712件に影響か

三菱UFJニコスは、顧客から取引履歴の開示請求を受けた際、一部で開示漏れが発生していたと発表した。

新たに取引履歴が判明したのは、NICOSブランドにおける1991年から1995年までに利用した場合や、UFJカードにおいて1993年などに利用し、2005年7月20日以降に開示した一部ケース。

同社では、開示請求を受けた場合、保有データを勘違いし、いずれも「取引データなし」として回答していた。今回の事故について、同社では保有データの範囲について誤認があったとし、法令などに対する認識についても十分じゃなかったと説明している。

今回の開示ミスにより、4万6712件において過払い利息の計算に影響を与える可能性があり、同社では必要に応じて取引履歴を開示する。また、すでに和解や調停により利息を返還している場合についてもさらに差額を返還するなど対応を行うとしている。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

(Security NEXT - 2007/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行