Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISEPAの活動内容が明らかに - 「人材育成マップ」作成や相互認証目指す

情報セキュリティ教育事業者連絡会(ISEPA)は、今後の活動内容などを発表した。

同会は、情報セキュリティの人材育成を目的に、民間企業や関連団体など10団体が中心となり発足した連絡会。事務局は、日本ネットワークセキュリティ協会内に設置される。

同会では、活動内容が異なるワーキンググループ「イベントWG」「スキルWG」「相互認証WG」を設置。「イベントWG」では、年間3回から4回のイベントを実施するほか、成果発表を行うワーキングショップの開催、ウェブや出版などの広報活動を進める。

「スキルWG」では、各団体の資格試験の内容を体系的に整理。セキュリティ人材の分析、定義づけなど行い、2008年2月を目途に「人材育成マップ」を作成し、情報セキュリティのキャリアパスを示す計画だ。

一方、「相互認証WG」では、大学や教育機関における教育プログラムの互換性の実現を目指しており、教育プログラムや資格や資格取得要件、相互認証などのリストを作成する。教育コンテンツの開発や認定を行うほか、不足する講師の共有や教育機関の連携など進める。

(Security NEXT - 2007/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず