Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府のボット対策プロジェクトにJ:COMグループが参加

ジュピターテレコムとアットネットホーム、関西マルチメディアサービスは、政府のボット対策プロジェクトに参加し、J:COM NETユーザーへの感染通知や駆除方法の提供など対策活動を開始した。

今回、3社が参画するボット対策プロジェクト「サイバークリーンセンター(CCC)」は、総務省と経済産業省が共同実施しているもの。ボット被害防止を目指し、啓発活動や対策ツールの提供を実施しているほか、ISPとの連携により感染ユーザーへの注意喚起などを行っている。

J:COMらは、CCCから提供される感染者のIPアドレス情報に基づき、カスタマーセンターから感染したユーザーに対し、メールによる感染通知や駆除方法などの情報提供を実施。また感染の予防に向け、サイト上にセキュリティ情報ページを設置して啓発活動を行う。

(Security NEXT - 2007/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定