Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務のポータルサイトが改ざん被害 - 閲覧でウイルス十数種類に感染する可能性

エフアンドエムが運営する企業の総務担当者向けポータルサイト「e-総務.com」において、一部ページが改ざんされていたことがわかった。表示するとウイルスに感染し、個人情報が詐取されるおそれもあるという。

不正アクセスによる改ざんが発生したのは、中小企業の総務担当者向けの登録制ポータルサイト「e-総務.com」。11月3日16時35分から11月5日15時10分の間に、同サイトの専門家相談ページおよび個人情報の変更画面を表示した場合、ウイルスに感染する可能性があった。感染のおそれがあるウイルスは、十数種類におよぶという。

ウイルスに感染すると、IDやパスワードが悪意ある第三者に詐取されるおそれもあることから、同社では問題の時間にアクセスしたユーザーに対し、ウイルス対策ソフトによるスキャンを実施するなど対策を講じるよう求めている。

同社では引き続き調査を行っており、事実関係の詳細や対応策については判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2007/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大