Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで改ざん被害、個人情報漏洩のおそれも - 全日空商事

全日空商事は、米現地法人である米国全日空商事の運営サイトが、現時時間10月21日午前2時ごろに不正アクセスを受けたと発表した。

不正アクセスを受けたのは、米国内で日本製品を販売する通信販売サイト。サイト状の商品情報が改ざんされており、米国全日空商事では顧客情報が流出したおそれもあるとして、システム停止して原因や被害状況など詳細を調べている。

流出のおそれがあるのは、顧客情報4154人分で、大半は北米利用者の個人情報だが、日本人の個人情報も113人分も含まれ、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカードなどが漏洩した可能性がある。同社では関連する顧客に対して謝罪状を送付し、カードの不正利用などについて注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
家電操作対応東芝製HEMSに複数脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan