Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそなHD、RSAセキュリティのフィッシング詐欺対策ソリューションを導入

りそなホールディングスは、インターネットバンキングのセキュリティ対策強化に向け、RSAセキュリティのフィッシング対策サービス「RSA FraudAction」を導入した。

「RSA FraudAction」は、フィッシングサイトを短時間で閉鎖させることで、個人情報の詐取やネットバンキングでの不正出金など、詐欺被害の拡大を防止するセキュリティソリューション。

サービスを導入した企業がフィッシングサイトを発見すると、その報告に基づいてフィッシングサイトをホスティングしている国やISPを探し、オンライン不正対策指令センターが対策を講じる。

同社では、同サービスの採用により24時間365日体制でフィッシングサイトの閉鎖が可能となり、グループ全体のフィッシング対策が強化されると見込んでいる。

(Security NEXT - 2007/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ