Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム最適化機能なども備えたセキュリティ対策ソフト - G DATA

G DATA Softwareは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト3製品を、サイバーリンクトランスデジタルを通じて11月30日より発売する。いずれもCPUの使用率が低い際に自動でウイルススキャンする「快適アイドリング・スキャン」を新たに搭載し、ステルスウェアに対する検出機能を強化した。

「G DATA AntiVirus 2008」は、2種類のウイルス検索エンジンを採用したウイルス対策ソフト。振る舞いにより未知のウイルスに対応するヒューリスティックエンジンを搭載。また、「アウトブレイク・シールド」機能では、ウイルス発生後、30秒で隔離できるという。また、Winny対策機能やSkypeといったチャットの保護機能を搭載している。

「G DATA InternetSecurity 2008」は、「同AntiVirus 2008」の機能に加え、ファイアウォール機能や迷惑メール対策機能、フィルタリング機能、フィッシング対策機能などを備えたセキュリティ対策ソフト。

最新版では「安全オンラインゲーム」機能を搭載しており、簡単な操作でオンラインゲームに適したファイアウォール設定ができるのが特徴。「セカンドライフ」「ラグナロクオンラインシリーズ」「リネージュシリーズ」などに対応している。

「G DATA TotalCare 2008」は、「同InternetSecurity 2008」にバックアップ機能やパソコン最適化機能など追加した最上位版となる統合セキュリティソフト。それぞれパッケージ版に加え、11月よりダウンロード版の提供も予定している。

G DATA Software
http://www.gdata.co.jp/

サイバーリンクトランスデジタル
http://software.transdigital.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開