Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny流出事故の経緯や再発防止策を発表 - NCAコンサルティング

エヌ・シー・エー・コンサルティングは、同社が孫請けとして受託していた第一三共ヘルスケアの個人情報がWinnyネットワーク上に流出した問題で、事故の経緯や再発防止策を発表した。

同社従業員が自宅へ持ち出したデータがWinnyを通じて流出したのが原因だが、同社によると流出したデータも本来保存そのものが禁止されていたという。さらにデータ持ち出しや保存に加え、Winnyの利用についても同社では禁止していたが、いずれも守られていなかった。今回の事故を受け、同社では、リスク分析の見直しや強化策の実施、従業員教育など再発防止策を進めるとしている。

今回の事故は、今月はじめに同社のスタッフ情報や顧客情報の流出として明らかになったが、その後同社ウェブサイトが閉鎖。まったくアクセスができない状況となっていた。その後、同社に委託していた個人情報が漏洩したとして委託元である第一三共ヘルスケアが事故を公表していた。

エヌ・シー・エー・コンサルティング
http://www.ncac.co.jp/

関連記事:再委託先からの個人情報2万8364件がWinny流出 - 第一三共ヘルスケア
http://www.security-next.com/006987.html

登録者情報など3万件の個人情報がWinny漏洩か - 都内コンサルティング会社
http://www.security-next.com/006987.html

(Security NEXT - 2007/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず