Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教諭宅に空き巣、現金などとともに緊急連絡網を持ち去る - 横浜

横浜市は、市立小学校で個人情報を記録したUSBメモリを紛失する事故が発生したと発表した。

10月2日に同小学校の教諭宅に空き巣が侵入し、現金や預金通帳などとともにパソコンやUSBメモリを持ち去ったもの。担任する生徒の緊急連絡網が記録されており、28人分の氏名や電話番号などが含まれる。

教諭が帰宅したところ何者かに部屋が荒らされた形跡があり、警察へ被害を届けた。翌日に被害を同校や市教育委員会へ報告し、関係する児童や保護者に対して事情を説明した上で謝罪を行っている。

同市では、緊急連絡網の必要性から持ち出しについては許可しているが、保管場所などの管理について意識不足があったとして研修など再発防止策を進めるという。

横浜市
http://www.city.yokohama.jp/

(Security NEXT - 2007/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大