Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Sunのオフィススイートにバッファオーバーフローの脆弱性

Sun Microsystemsが提供しているオフィススイート「StarOffice」「StarSuite」に、脆弱性が見つかった。同社やセキュリティベンダーは、パッチを適用するよう呼びかけている。

今回見つかった脆弱性は、TIFFファイルを処理する際にバッファオーバーフローが発生するもの。悪意を持って細工されたファイルなどを開いた場合、任意のコードが実行されるおそれがある。9月17日にOpenOffice.orgの脆弱性が公表されており、「StarSuite」「StarOffice」でも同様に影響を受ける。

脆弱性が存在するのは、パッチが適用されていない「StarOffice 6.x/7.x/8.x」「StarSuite7.x/8.x」。パッチは同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

Manipulated TIFF Files or Documents Containing Manipulated TIFF Files May Lead to Heap Overflows and Arbitrary Code Execution
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-26-102994-1

Sun
http://www.sun.com/

関連記事:OpenOffice.orgのTIFF処理に脆弱性 - 最新版へアップデートを
http://www.security-next.com/006790.html

(Security NEXT - 2007/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避