Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

勤務評定データなど保存したUSBメモリを紛失 - 静岡市

静岡市は、同市内の小学校において個人情報を保存したUSBメモリを紛失する事故が発生したと発表した。

8月14日に同市葵区の小学校校長が他資料とともに誤って個人情報を含むデータをUSBメモリにコピーし、その後紛失したもの。本来必要としていたファイルと個人情報を同じフォルダで管理していたため、そのまま一緒にデータをコピーし、持ち出してしまったという。

USBメモリには、教職員の勤務評定など17人分の個人情報が保存されており、氏名や年齢、勤務状況など個人情報が含まれる。

静岡市
http://www.city.shizuoka.jp/

(Security NEXT - 2007/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県