Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLabら3社、個人情報保護の教材と個人情報検出を組み合わせたASPサービス

KLab、ヒューマンアカデミー、KDDIネットワーク&ソリューションズの3社は、企業内における個人情報保護の教材と個人情報の検出サービスを組み合わせた「個人情報Learning & Search」の提供を開始した。

同サービスは、個人情報保護の映像教材による学習や確認テストを定期的に実施することで継続的な教育に加え、KLabの個人情報検出ツールを使い、定期的にパソコン内の個人情報関連ファイルをチェックすることで、個人情報保護の意識を高めるサービス。KDDIネットワーク&ソリューションズによりASPとして提供される。

管理者は、個々のプログラム履修状況や個人情報ファイルの保有状況などを確認し、管理できる。企業ごとにカスタマイズされた独自教材の追加も可能。初期費用が1契約で31万5000円。基本月額料金は、3000IDパックで315万円からとなっている。

(Security NEXT - 2007/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性