Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLabら3社、個人情報保護の教材と個人情報検出を組み合わせたASPサービス

KLab、ヒューマンアカデミー、KDDIネットワーク&ソリューションズの3社は、企業内における個人情報保護の教材と個人情報の検出サービスを組み合わせた「個人情報Learning & Search」の提供を開始した。

同サービスは、個人情報保護の映像教材による学習や確認テストを定期的に実施することで継続的な教育に加え、KLabの個人情報検出ツールを使い、定期的にパソコン内の個人情報関連ファイルをチェックすることで、個人情報保護の意識を高めるサービス。KDDIネットワーク&ソリューションズによりASPとして提供される。

管理者は、個々のプログラム履修状況や個人情報ファイルの保有状況などを確認し、管理できる。企業ごとにカスタマイズされた独自教材の追加も可能。初期費用が1契約で31万5000円。基本月額料金は、3000IDパックで315万円からとなっている。

(Security NEXT - 2007/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多