Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

基本情報技術者試験の修了問題が漏洩 - 経産省が調査を指示

名古屋の専門学校において、6月24日に実施した基本情報技術者試験における修了問題が学生へ漏洩していたことがわかった。

コンピュータ総合学園HAL名古屋校において、基本情報技術者試験認定講座の修了試験の問題が担当者から学生へ流出していたもの。同試験は、一般に実施されている基本情報技術者試験や初級システムアドミニストレータ試験の代替として認められており、合格者は一部試験が免除されている。

同校から10日に情報処理技術者試験を実施している情報処理推進機構へ報告があった。IPAでは事態を経済産業省へ報告し、同省は詳細を調べるようIPAへ指導した。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート