Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの脆弱性をアニメでわかりやすく解説 - IPA

情報処理推進機構は、サイトの運営者や一般ユーザーを対象に、ウェブサイトの脆弱性について解説するコンテンツ「知っていますか?脆弱性 アニメで見るウェブサイトの脅威と仕組み」を、同機構のサイト上で公開した。

同コンテンツは、ウェブサイトの脆弱性についての理解を深める目的で公開された。代表的な10種類の脆弱性について、その仕組みや悪用された場合の具体的な攻撃例などを、アニメーションを使って一般ユーザーにもわかりやすく解説する。Flash版のほか、アニメーションを使わないHTML版も用意した。

公開されている脆弱性は、「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」「クロスサイトリクエストフォージェリ」「パス名パラメータの未チェック/ディレクトリトラバーサル」「OSコマンドインジェクション」「セッション管理の不備」「HTTPヘッダインジェクション」「HTTPSの不適切な利用」「サービス運用妨害 (DoS)」「メール不正中継」の10種類。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収